2021/5/20の暴力行為について

 

6月1日に神出病院院長に就任致しました土居と申します。
この度は、当院で発生した看護師による暴力行為について、被害にあわれた患者様をはじめ、ご家族、関係機関の方々には、大変なご迷惑とご心配をおかけしたこと、心よりお詫び申し上げます。
今回の事件につきましては、5月20日に当院看護師の患者様への暴力行為が疑われたため、事件発生後、速やかに神戸市保健所に連絡しております。その後、保健所の立ち入り調査があり、院内でも問題発生の原因、今後の対応策について検討を重ねておりました。 警察からの要請があり、本件の詳細についてはお伝え出来ませんが、既に、患者様と当該看護師はお互いに今回の出来事について話し合われ、看護師は謝罪し、患者様からも謝罪と、これまでの対応について感謝の言葉を頂いております。

 

尚、今回の警察通報について事件性の有無等に関しては今のところ不明ではありますが、昨年、当院職員が逮捕された事件の反省から、全ての判断を病院関係者のみですべきではないと考えております。
今後は、こうした虐待行為等を防ぎ、人権に配慮した良質な精神科医療を提供するため、当院の方針として、地域や行政、司法に対してオープンであるべきだとの私の判断の下、警察に通報いたしました。
今回の警察通報に至った経緯や、今後の当院の方針等については、院長就任後、神戸市担当者様に直接お話しし、ご理解も得られております。
今後、当院の再生に向けた取り組みについては、早急に何らかの形でお伝えさせていただきます。

 

この度は、誠に申し訳ございませんでした。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

医療法人財団 兵庫錦秀会
神出病院 院長 土居 正典

 

報道機関各社様からのご質問への回答

当該男性看護師の処分について

現在、事件性の有無について警察が確認しているところであり、その状況も踏まえて判断する予定です。

何故警察への通報が6月2日となったのか

暴行行為があった当日、患者様と当該看護師はお互いに出来事について話し合われ、看護師は謝罪し、患者様からも謝罪とこれまでの対応について感謝の言葉を頂いておりました。また、当該患者様へは被害届を出すこともできる旨を病院側からお伝えしましたが、今のところその届を出す意思を示されておりません。6月1日に院長が交代になり、病院方針として今後の神出病院は地域や行政、司法に対してオープンであるべきだとの判断の下、警察に通報することとなりました。

去年4月以降、本件以外に病院内での暴行、傷害などの虐待事案はあるのか

そのような事案は一切確認されておりません。

当該男性看護師は以前に同じことをして院内で問題になるようなことはしていなかったのか

そのようなことは一切ございません。

今回の事案について、改めて記者会見などの予定はあるのか

いまのところ、記者会見などは予定しておりません。お問い合わせ等はメールでお願い致します。警察とも相談の上、可能な範囲内でホームページにてご回答致します。

前院長が交代した理由は、今回の事件を受け止めての事なのか

土居院長の就任は神出病院の再生のために、今回の暴力行為以前から決定しておりました。よりましてこの度の行為と院長の交代とは一切関係はございません。

これまでの実施研修と今後の予定

昨年の虐待事件を受けて以下の研修、教育を実施してまいりました。

〇日本精神科看護協会の協力のもと、全3回にわたり「看護倫理」の研修会を実施
精神科医療における倫理的問題の気づきについて(R2,7/6)
精神科看護と倫理について(R2,7/30)
職場風土から変えていく看護倫理について(管理者編)(R2,11/13)

〇行動制限最小化委員会研修
「行動制限をなくすために今日からできること」について
精神科専門看護師/精神科認定看護師による研修(R2,11/5)

〇日本精神科病院協会主催
「医療従事者の接遇」について(R2,10/29)

〇院内教育委員会主催による研修 (R2,4/8〜5/13 全3回)
新人看護教育(看護技術面)

〇感染対策委員会主催外部講師研修(R2,7/31〜R3,2/12 全6回)

〇医療安全対策委員会主催外部講師研修(R2,11/18〜12/10 全3回)

〇褥瘡対策委員会主催外部講師研修(R2,12/2)

また、今後以下の研修を予定しております。

〇人権擁護に関する研修
「日本の精神障害者保健福祉施策の歴史と現在の精神科病院の課題」について
「精神障害者の人権と障害者虐待防止法・高齢者虐待防止法の概要」について
「医療機関における権利擁護とは」について

〇日本精神科看護協会主催研修(座学・Web)
〇学研ナーシングサポートによる精神科コースWeb研修
〇認知症研修会
〇看護補助者研修会

各社報道機関様から頂きました質問に関して、回答に少し時間を要するものや事件性の有無の確認のため、詳しい情報提供ができないものもございます。何卒、ご了承のほどお願い申し上げます。

 

本件に関するお問い合わせはこちら
メールアドレス:kande.info@hyogo-kinshukai.jp